月別アーカイブ: 2012年3月

ジミー大西展行ってきた!


昨日は予告通り日本橋三越までジミー大西展を観にいっていました!!
色使いがすごいと聞いてはいたが、
実際見てみると、
どひゃーーー!!というかんじで、
とにかく予想以上に色が鮮やかで、
強烈でした!!!!!
絵のことはよくわからないけど、
観てたら細かい絵の中からいろんなものが浮かびあがってくるような気がして楽しかった!!
展示してあった絵は販売しているものもあり、その価格は200万〜350万円くらい。
この価格が高いのか安いのかはわからないけど、世界でたった一つしかなくて、
本当に本当に本当にその絵に惚れこんでしまったら、
すごい安いのかも。と思いました。
(買えないけど。)
私の後ろで観てたおばさんが、
0がひとつなかったらこれ欲しかったわぁ〜と嘆いていました。(お約束)
私は、家に飾る場所もないし、こうやって一度に沢山の絵を見られたほうが楽しいかな♪

リリーベルアフタヌーンコンサート終了

先週の土曜日、リリーベルアフタヌーンコンサート終了いたしました。
お休みのところ、たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。
演奏会の際、曲を演奏し終わると、
毎回皆様があたたかい拍手をくださり、とてもうれしかったです。
お陰さまで、こうして無事にに終了することができましたのも、
ひとえに皆々様のご理解とご協力によるものでありました。改めてお礼申し上げます。
今回は大学卒業後の初めての主催公演で、
反省点はものすごくたくさんありますが、
これからも、来ていただいた方々に喜んでいただけるような企画を考え
努力してまいりたいと思います。
本当にありがとうございました。
そして今日は、宣言通りジミー大西展に行ってきます[#IMAGE|S53#]

ジミー大西

今私が一番気になる人は、ずばりジミー大西です。

この間アナザースカイという番組に出ていたのを見てからというもの、
とにかく気になって気になってしょうがない。
ジミー大西は、ある番組の企画で絵を描いた際に
その番組をたまたま見ていた岡本太郎から
「絵、いいよ。キャンバスからはみだしなさい。」というアドバイスをもらい、
それがきっかけで画家になったらしいのですが、
番組でもしきりに
「キャンバスからはみだせ」
という言葉が自分にとっての永遠の課題であるように語っていていました。
絵の事はよくわからないけど、
何より絵に対するまっすぐ過ぎる姿を見て、凄く感動しました。
誰もが人生、キャンバスからはみ出したり、
芸術で爆発できるわけではないし、
一つの事で境地に達するというのは、
何よりも簡単ではないと思います。
ほぼ日刊イトイ新聞の記事で、
ジミー大西と糸井重里が岡本太郎について語ってるのがとても面白いです。
↓↓↓
TAROの遺伝子。
個人的には「第8回自分自身に手入れをする人」の、
「人間が手を入れて」よくする。手を入れるから残るというくだりに
とても共感しました。
今月の21日~26日まで日本橋三越本店でジミー大西作品展がやっるらしいので、
24日のコンサートが終わったら真っ先に行ってみようと思います!!

目白トゥゲャザル音楽祭

昨日は、11月から受講していた豊島区主催の目白ブランディング講座の企画コンサート、目白トゥゲャザル音楽祭でした。
このブランディング講座は昨年もあり、コンサートも企画されていたそうなのですが、東日本大震災の影響で中止になってしまったそうです。
一年後、新たな企画を考える上で「震災」は大きな柱となり、
話し合いの末、「母と子の絆」をテーマに、親子で楽しめるコンサートを制作する事になりました。
ほぼ演奏だけの参加でしたが、今回この企画に参加できた事や、そこで沢山の素敵な方々に出会わせていただけた事に、とても縁を感じました。
コンサートについては、機会があればまた今度書こうと思います。
写真は音楽かるた取り終了後。
トゥゲャザルリーダー武内さん、素敵すぎる絵を提供してくださった作曲家の田内さん、ジャズピアニストの延原さんと遠田さん、音楽かるた取りの発案者八重樫さんと☆
震災から一年、
今日は改めて自分の存在の小ささを感じる一日でした。
一刻も早く皆の心が癒える日がきますように。

好きな場所

昨日は、24日のコンサートの最終打ち合わせのためホールまで行ってきました。
打ち合わせ中にホールの方(以下、ホ)とこんな会話がありました。
ホ「ここは音楽専用ホールではないのでコンサートをやるかたは珍しいんですよ。
木村さんはなぜここを選んでくださったんですか?」
私「えっと…、、、見た目です♪
何度か説明していますが、今回の会場は昔の銀行を移築した石造りの建物です。
中身はこんな感じです↓

大きな窓、高い天井、シャンデリアみたいな電気!?!!
ホールを探しているとき、たまたま見つけたこの写真にくぎ付けになり、
当初はもっと小さい会場で小規模なコンサート、と思っていたのに
ここ好きー!ここに決めたー!!と即決してしまいました。
石造りだし、外の音も聞こえるし音響設備も整っていないし、舞台もありません。
でも、敢えてこの会場の雰囲気やフラットな空間を生かして、
コンサートホールのような堅苦しい雰囲気ではなく、
ほっこり、落ち着いた時間をすごせるようなアフタヌーンコンサートが作れればいいなと思っています。
当日、休憩中には併設のカフェでコーヒーも飲めます!
あとは当日晴れて窓から太陽の光が射してくれれば満点。
私は雨女なのでテルテル坊主を作らねば!!!
帰りに撮った写真。
出るとすぐに横浜の夜景。

そして会場のヨコハマ創造都市センター

夜も素敵★
あーやっぱりこの場所好きだなー。
リリーベル アフタヌーンコンサート
★日時
2012年3月24日(土)15:00開演(14:30開場)
★会場
ヨコハマ創造都市センターYCC1階ホール
★プログラム
アラベスク1番/C.ドビュッシー
演奏会用練習曲 『朝に』/M.トゥルニエ
ベルガマスク組曲/C.ドビュッシー

★チケット
1,500円(当日2,000円)
★チケット問い合わせ
TEL/​080-6709-9118
MAIL/info@alisa-kimura.com

サンデーブランチコンサート無事終了!!

みなさんこんにちは☆
やっと暖かくなって来ましたね!!!
寒いのが苦手な私にとって、嬉しい季節です( ^ ^ )
さて、先週の日曜日、無事にサンデーブランチコンサートを終える事ができました。
ご来場いただいた方々、わざわざ足を運んでいただき本当にありがとうございました。
今回のコンサートのテーマは「ロマンス」
クララ・シューマンの三つのロマンスを中心に作品を並べ、アンコールではクララの夫、ロベルトが、結婚式の前日に愛する妻へ贈った歌曲集「ミルテの花」より「献呈」を演奏しました。
普段私はドイツの作品に触れることはほとんどないので、今回はとても貴重な機会となりましたし、
何より作品を通して、ロベルトとクララの深い愛や人間味を感じる事ができました。
クララは本当に強く心の美しい女性だったのだと思います。
話変わりますが、お店のお料理もとても美味しく、好評で嬉しかったです!!
写真は、美容師のさっちゃんさんにアレンジしていただいた当日の髪型!!


ロマンスのイメージに合わせて、生のバラを使ったヘアアレンジをして頂きました。
お花可愛かった♪有難うございました。
今回、沢山の方に来ていただき、本当に嬉しかったです。
皆さま、ありがとうございました☆